入会案内
建築家協会の会員は「建築家というプロフェッションの精神」
を尊重する専門家の人々の集まりです。
入会には、専用の用紙が必要となります。
お手数ですが、「(公社)日本建築家協会九州支部」まで、
資料請求を行ってください。
資料請求先
公益社団法人 日本建築家協会九州支部
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1-4-8あずまビル2F
Tel:092-761-5267 Fax:092-752-2378
E-mail:info@jia-9.org
※入会手続きに関する情報はJIA本部ホームページにてご覧いただけます。

JIA本部HPJIAとはJIA会員になるには
 
建築家というプロフェッションの精神
建築実務におけるプロフェッショナリズムの国際推奨基準に関するUIA協定(抜粋)
「建築家」の称号は、法律や慣習によって、プロフェッショナルにかつ、学問的に教育され、法的管轄圏で建築業務を行うための、登録/免許/証明を取得し、公正かつ持続可能な開発、国民の福祉、また、空間、形態、歴史的文脈の見地からの社会の居住スタイルの文化的表現を擁護することに責任を負う者に、付与される。
建築家とはどんな職業?
「建築家(architect)」とは建築の設計や監理、その他関連業務など建築関係のプロフェッショナルサービスを提供する職業です。そして建築家協会とは建築家による職能団体です。
では、プロフェッショナルサービスとは何でしょうか。そして職能団体とは?
プロフェッショナルサービスとは高度に専門的で、公共性の高いサービスのことを言います。たとえば医師、弁護士、建築家、会計士等の提供するサービスがそれにあたります。
誰でも、望めばどのような職業につくことも保証されている社会で、プロフェッショナルサービスを提供するには『資格』というハードルが課せられます。それは、必要とされる専門性も公共性も持たない人が提供する、質の低いサービスから消費者を守るためです。従って多くの国ではこのようなプロフェッショナルサービスを提供する人に対しては適切な教育、訓練、試験などによってその能力を判断し、資格あるいは免許の取得を義務付けています。その資格を得た人は、法律によって自由競争から保護されることになりますが、一方で、その公共性を維持するための義務を負うことになります。それが倫理規定の遵守であり、継続的な自己開発(継続教育)です。

 
 
 
Copyright(C) The Japan Institute of Architects In Kyushu Branch